カセットテープ・レコード

入門版 レコードプレーヤー Compact LP - ION Audio製

レコードを久しぶりにプレーヤーでかけてみたいけど、肝心なプレーヤーがないという方は多いはず。ちょっと聞いてみたいだけのレコードプレーヤーに大枚をはたくのも厳しいし、手軽に購入できるものはないかなという要望もあるのではないでしょうか。そこで安価なレコードプレーヤーをリサーチしたところ、よさそうな一台を見つけ購入してみました。

Compact LPは、パソコンでも聞ける入門タイプのレコードプレーヤー

今回選んだレコードプレーヤーは、ION Audio製のCompact LPという機種。サイズはLPレコードのジャケットサイズとほぼ同じのコンパクトサイズ。レコードをとりあえずは再生して聞いてみたいという方にとって適したシンプルな機種です。

レザータイプのカバーで見た目もちょいオシャレ。私はレッドを購入しましたが、他にもブラックとクリーム色の3色のカラーバリエーションがあります。

プレーヤーは、33-1/3、45、78回転に対応。シングル、LPレコードのほかに古いSP盤も再生することができます。

オートストップ機能というのが装備されています。これは、曲が終わると同時にプレーヤーの回転も止まる機能。無駄な空回りをしてレコード針の消耗するのを防ぎます。ただ、レコードによっては、曲の終盤で止まってしまうこともあるので精度はいま一つかも。

レコード針はオリジナルのダイヤモンド・チップ製のものがついています。とりあえず音が再生できるレコード針と考えておいたほうがいいです。音にこだわる方はきっとこのプレーヤーは選択しないでしょというコンセプト商品と思われるので、入門用としての音質程度と考えておいていいでしょう。ただ、もちろんレコードの再生はできますし、聞いていて針が原因のノイズのようなものが聞こえることはありません。このあたりは納得して使いたいところ。

針の交換については、メーカーに問い合わせてくださいと取説に書かれてあります。

アウトラインは、ステレオライン出力端子とUSB端子も装備。ステレオやコンポにはステレオラインの端子からつないで再生ができ、USB端子があるのでパソコンでも聞くことができます。

EZ Vinyl/Tape Converterソフトウエアを使い、パソコンにレコードの音源を録音することも可能です。安価ながらもデジタル対応しているのは評価できるポイント。

シングルレコードを乗せるとこのようなサイズになります。ちなみにこのプレーヤーで最初にかけてみたレコードは、石川さゆり「津軽海峡冬景色」でした。

LPレコードを乗せるとこのようにプレーヤーから少しレコードがはみ出ます。このはみ出る部分も考慮してプレーヤーの設置場所も決めたいところ。

78回転にも対応しているのでSP盤レコードの再生もできます。SP盤はやはりレコードプレーヤーでかけて聞きたいもの。古いレコードをこれから発掘してみたいという楽しみにも応えてくれるのは嬉しい。

安価なタイプのレコードプレーヤーとしては十分レコードを楽しめる一台です。家に眠っているレコードの音をとりあえずは聞いてみたいという程度の使用頻度なら適当かもしれません。デジタル音源にプレーヤーで再生した音を録音もできるので、アナログとデジタルのハイブリットタイプとしても楽しめます。

ION Audioのレコードプレーヤー

-カセットテープ・レコード