フィルムカメラ

フィルムカメラのメリット・デメリット

2016/12/06

フイルムカメラ

フィルムカメラのメリットとは

デジタルカメラが一般的な現在にそもそもフィルムカメラを使うことなんてあるのでしょうか。あえて選んで使わないとフィルムカメラは出番はないことでしょう。それでもあえてフィルムカメラを好んで撮影する写真家は少なくありません。

では、フィルムカメラを選ぶメリットとはなんでしょうか。

まずひとつは、フィルムから作られるプリントの階調のやからかさという点があります。デジタル画像はドットで構成されています。ドットの形は四角です。それに対してフィルムは丸い粒子で構成されいます。四角と丸、この形の差がプリントに仕立てた時に違いとなって表れるのです。フィルムを好む写真家が少なくない理由のひとつはこのプリントの階調などを利点にしているところにあると言えます。

その他のメリットとして、現像されるまで撮影結果がわからない分、腰を据えて撮影に挑めることができるという点があります。デジタルカメラを使えばすぐに画像をチェックでき、失敗したと思えば撮りなおせばいいわけですが、フィルムカメラでは確実に撮影をしないと現像後に泣きをみる結果になります。人間追いつめられると真剣にならざるを得ないところがあり、結果フィルムカメラを使って撮影するときには真剣さがデジカメを使う時よりは増すのかもしれません。

またアナログ好きとしては、フィルムカメラではメカニカルなカメラを使えるところも好まれます。昔のメカニカルカメラは手入れをしていけば長い期間使い続けることができます。

息の長いカメラライフを過ごすには、フィルムカメラは向いていると言えそうです。

 

フィルムカメラのデメリットとは

フィルムカメラのデメリットを考えるときにデジタルカメラとの比較はここでは考えないことにします。それ以外の点についてのデメリットとして挙げられるものは、環境への影響があります。

フィルムカメラをプリントにするまでの工程は、まずフィルムの現像を行いそのネガまたはポジを使い印画紙に焼き付けて現像をするという流れになります。このフィルムとプリントを現像する段階で水をたくさん使います。溶液の排水などもあり環境にやさしいとは言い難いのは事実です。

それからランニングコストも高くつきます。フィルム代とフィルムの現像代、それからプリント代が費用としてかかります。プリントにまで仕上げなくても、フィルムと現像代はかかります。フィルムの枚数から総費用を割ると一枚当たりコストが出てきます。それだけお金がかかっても価値があると自分で思える写真を撮り続けないとフィルムカメラは使い続けにくいかもしれません。

 

フィルムをスキャンしてデジタルデータにすることについて

フィルムカメラの楽しみ方として撮影まではフィルムカメラで行い、現像後にフィルムをデジタルスキャンしてデジタルデータとしてプリントにしたり画像編集を楽しむという方法もあります。いわばフィルムカメラとデジタルのハイブリットな楽しみ方です。

この方法でももちろんフィルムカメラは楽しめますが、デジタルスキャンした段階でフィルムで撮られた画像もデジタルデータになるということを忘れてはいけません。メリットのところでも記しましたが、フィルムとデジタルはおおもとの粒子とドットの形の違いからプリントに仕上げたときの階調に差が出るということがあります。フィルムのそのままのプリントを楽しむにはフィルムから直接印画紙に焼き付けるという手法がベストというこになります。

ただ、フィルムカメラを使って被写体と対峙してじっくりと撮影を楽しみ、そのあとはデジタルデータに変換して楽しむという手法がまったくフィルムカメラの楽しみ方を損なっているというわけではありません。ランニングコストの点などや自分の置かれた環境に合わせてハイブリット式の楽しみ方を取り入れてみるというのも大いにありだと思います。

いまでも買える最も手軽なフィルムカメラは

フィルムカメラ自体はもう過去のものだし、手に入れるのも大変なんじゃないかなと思う方も少なくないかも。じつは今でもしっかりフィルムカメラは販売され続けています。その中でも持っても手軽に使えるお勧めのものと言えばこちら、フジカラー 写ルンです 39枚撮り。ある年代以上に方には懐かしく若い人たちには初めて見るカメラかもしれません。実際に女子高生の間でもちょっとしたブームになっているそうで、フィルムカメラを楽しんでいる人たちは少しずつですが増えているようです。

まずフィルムカメラで撮影すること自体どんなものなのか試してみたいという方にとってはこの「写ルンです」は超おすすめです。使い切りなので合わないと感じれば続けなくていいですし、さらに本格的に撮影したければ次のグレードに上がっていけばいいです。デジタルカメラでは味わえなかった戸惑いも覚えながら撮影を楽しんでみるのもおもしろいかもしれません。

-フィルムカメラ