フィルムカメラ

現像リールへのフィルムの巻き方

モノクロフィルムを現像するときに最初に行うのが現像リールにフィルムを巻くことです。真っ暗な暗室またはダークバックの中で手探りだけで行う作業なので慣れるまで練習が必要。基本的なフィルムの巻き方をご紹介します。

現像リールの使い方は慣れれば簡単!

まず現像リールを使うときの向きを確認します。写真の赤丸にある、切れ端の部分が右側になるように持ちます。この場合は、フィルムを右側から差し込んで巻いていきます。

次に現像リールの中心部を確認。リールによりいくつかのパターンがあるようですが、ここではクリップ状の突起物がついています。他にもフィルムの穴に差し込めるツメがついているリールなどもあります。使用するリールがどのようになっているのか確認しておきます。

突起物の先端に指先を置き、その下にフィルムの端を差し込みます。ツメが付いているリールはフィルムの穴にはまるように差し込みます。

フィルムの先端を差し込み、軽く人差し指でフィルムの上から押さえておくと巻き始めがスムースに進みます。フィルムの上面は多少触ってもいいですが、裏面は触れないようにします。裏面に指紋の跡などをつけると消すことができませんので注意が必要。

右手でフィルムの両端をつまむように持ちます。このときにフィルムを両端から押さえて、少し膨らむように持つのがコツです。

最初の部分をリールに沿って巻き付けたら、あとはリール本体を回しながら巻いていきます。軽く指でフィルムの上面に添えると巻きやすくなります。右手はフィルムを両端からつまんで持っています。

現像リールにフィルムを巻き取ったところ。

うまく巻き取れていければ、リールに沿ってフィルムが収まっています。リールからはみ出て巻きっているとフィルム同士の一部が接触してしまい、そのまま現像すると白くなり画像が損なわれてしまいます。

これら一連の作業はすべて目視することができない暗所で行います。確実にすべてができるように練習を繰り返してから本番に挑みましょう。

リールへのフィルムの巻き方を動画でチェック

おすすめの現像リール・ダークバック

-フィルムカメラ