切手収集

【切手入門】使用済み切手のはがし方

切手を集める方法として最も身近でできるのが送られてきた郵便物の切手を収集する方法です。送られてくる郵便物もよくよく見てみると切手を貼ってあるものはすくなくありません。郵便物が不要になったら封筒から切手周りを切っておき保管しておきます。

また、使用済みの切手がパックになって売られているものもあります。その場合もここで紹介した同様の方法にて台紙から切手をはがしていきます。

切手をはがすのに用意するのが水を貯められる平たい容器。洗面器のようなサイズのものがあれば十分です。

この容器のなかに水またはぬるま湯を張ります。そしてその中に台紙に貼られた切手を入れます。重ならないように容器全体に広がるように水に漬けておきます。

水につけてしぱらく時間をおくと、台紙から切手がはがれてきます。自然に台紙から切手が完全にはがれ取れるまで水につけておきます。このとき無理に台紙からはがそうとすると切手の裏面が破けることがあるので注意が必要です。

台紙からはがれたら、切手の裏面の糊がきれいにはがれているか指先で軽く全体を触ってみます。

新聞紙を広げてその上にはがした切手を乗せていきます。このときは切手の裏面が新聞紙と重なるようにします。新聞紙は水分を吸収しやすいので切手を乾かすのには最適です。

完全に切手が乾ききるまで新聞紙の上で乾燥させます。

切手が乾いたらストックブックなどに収納します。これで切手のはがし方の一連の作業は完了です。

-切手収集